電話占いの種類を徹底解説!

電話占いで行う種類は何?

電話占いには占い師が在籍しており、占いの種類も様々です。占術では主に西洋占星術や四柱推命、九星気学、算命学などがあり、これらは命占とも呼ばれます。生まれた年月日などの数字を用いた占いで、その人の生まれながらの性格や運命が分かります。将来や過去、人との相性も細かくわかり、統計学に基づいているので安定しています。しかし人の気持ちなどを占うことにはあまり向いていません。
また卜占という占いもあります。主にタロットなどのことで占い師の熟練度によって大きな差が出やすいとされています。現在のことから近い未来を鑑定するのに使われます。
他には霊感や霊視などのスピリチュアルなもので行うものもあります。電話占いでは、占い師がこの占術を1つだけではなく幾つか使うことにより相談事の解決をはかっていきます。

占い師の選び方やメリット

占いを利用していてもあまり良い占い師に出会えないということがあります。占い師を選ぶには、まず自分の悩みや聞きたい内容をきちんとはっきりさせておくことが大切です。それをオペレーターにもきっちり伝えるのがポイントです。
希望の占い師を見つけたら、口コミ情報も確認し人気の度合いを探ります。人気がある人であれば予約も取れないこともありますが、それだけ相談した時に高い満足が得られます。
電話占いのメリットは、悩んだ時にすぐかけられるという手軽さにあります。また時間も深夜まで行っていることもあるので昼夜を問わず相談しやすいです。デメリットとしては、気軽に相談できてしまうので依存してしまうこともあります。それにより料金もかさんでしまいます。
しかし占いの効用としては、悩みを違った方向から俯瞰することができたり、話したり冷静になることで客観的にもなり悲観的になった状態をニュートラルにできます。